リサイクルトナーが人気の理由と欠点

トナーとはプリンターやコピー機の印刷を行うときに使うインクのようなもので、帯電させた色つきの粒子を静電気で印刷するという仕組みです。そのトナーにも純正品とリサイクル品があり、今回はリサイクル品について説明します。リサイクルトナーとは、その名前から連想できるように先ほどのトナーをリサイクルしてもう一度使えるようにしたものです。純正品はとても高価で経済的ではなく、使い捨てになってしまうので環境にもよくないのですが、リサイクルトナーは純正の部品を分解、洗浄、修理、部品交換をして作られるので圧倒的に単価が安く、資源も不必要なものは使わないのでとても経済的で環境にやさしいものです。これらの理由から最近リサイクルトナーが人気になってきたといえます。

リサイクルトナーが人気な理由。

先ほど述べさせてらったように、リサイクルされたトナーはとても経済的で環境にやさしいものです。新しく部品を研究して開発することはいらないし、新しく部品を作るための資源もエネルギーもいりません。圧倒的に人件費も安く、部品単価も安いのでコストパフォーマンスがとてつもなく高いです。物によっては純正カートリッジの10分の1以下で販売されているものもあります。それにアフターサービスが充実しています。保障が手厚く、品質永久保障に加え万が一リサイクルトナーでユーザーが使っているプリンターを故障させてしまった場合の修理保証をしてくれるプリンタ保障、印字のクオリティに心配な方でも安心できる返金保証など、これ以上ないほどに手厚いものとなっています。使用したあとは無料でカートリッジを引き取ってくれることも大きいです。

人気なリサイクルトナーの欠点

リサイクルトナーのカートリッジはメリットがとても多く、人気でどんどん流通量が増えていることは事実なのですが、それに反して大きなデメリットもあります。ひとつは、純正品のカートリッジに比べ不具合率が高いことです。一度使用して使わなくなったカートリッジを分解、洗浄、修理をして作っているのでどうしても経年劣化や疲労破壊をしてしまって不具合を起こす率がたかくなってしまうのです。リサイクル品なのでしょうがないことなのですがいろいろなリサイクル商品での克服しなければならない点です。もうひとつは、純正品のトナーと比べると色合いが異なってしまう場合があるということです。ところどころ使用済みの純正品から部品を流用しているのでリサイクル品と純正品とのトナーや部品のギャップによって色合いに差ができてしまうのです。

子供たちの未来を守るために弊社は、リサイクルキャンペーンを開催し、自然に守る活動を推進しております。 通販会社のお客様へのメッセージは、環境にやさしいエコロジー商品を一人一人のお客様に提供することです。 純正品同様の品質を実現しているのにお求めやすい価格に。廃棄物の削減に大きく貢献しております。環境問題などを気にするお客様にオススメです。 環境に優しいリサイクルトナーを利用しよう