できる人は使っているお勧めリサイクルトナー

絶対的にコストが安いのはリサイクルトナーです。純正トナーには品質に対する信頼感はありますが、コストパフォーマンスを考えるとリサイクルトナーには到底及びません。信頼できるところから購入すれば、品質も純正とほとんどかわりません。そういうリサイクルトナーに出会ったら、しつこくそのメーカーのものを使うのが賢い使い方です。リサイクルトナーはメーカー純正のトナーカートリッジを回収して、分解、洗浄、修理などをして、純正と同量の新しいトナーを充填して再利用したトナーのことをいいます。エコという観点からも、カートリッジを再利用できるので、高い評価を受けています。互換トナーと間違われることがありますが、互換トナーはカートリッジがメーカー純正ではありません。カートリッジがメーカー純正かどうか、というところが異なっています。

リサイクルトナーのメリットはコストパフォーマンス

純正品よりかなり安くなります。トナー使用の方が、インクジェットよりもコストパフォーマンスがいいと言われていますが、リサイクルトナーを使うと、さらにコストパフォーマンスがよくなります。しっかりしたメーカーのものであれば、純正品並みの品質のトナーもあります。会社の場合でしたら、信頼できる業者に依頼するといいでしょう。最近は、新規でプリンターを購入したときにはメーカー純正のトナーとトナーカートリッジがセットされていますが、次のトナー交換から、リサイクルトナーを勧めてくれることが多くなっています。経費節減を考えれば、リサイクルトナーは外せません。さらに、プリンターメーカーが生産修了とした場合も、リサイクルトナーであれば、手に入ることもあります。純正よりも大容量のもの準備されていて、交換の期間が長いこともメリットのひとつです。

リサイクルトナーのデメリットは品質

リサイクルトナーのデメリットは、ずばり品質です。純正比べて、トナーの乗りが悪いものがあります。これは選んだメーカーが悪かった、ということがほとんどなのですが、そういうメーカーのリサイクルトナーを使用してしまうと、最終的にトナーが漏れ始めて、プリンター内部にも被害が及びプリンター故障、となってしまう場合もあります。こうなると、プリンター交換となり、高くついてしまいます。安いからとリサイクルトナーを使った意味がありません。壊れてしまわなくても、修理で何とかなるのではないか、という程度の場合もあります。しかし、リサイクルトナーを使っていると、プリンターメーカーからメーカー保証期間内であっても、無償修理を断られる場合があります。有償で修理してくれる場合はまだいい方で、修理そのものを断られる場合もあります。