オフィスの人気者今どきのリサイクルトナー

まず、トナーとはレーザープリンターやコピー機で使用される、色のついた粒子のことです。プリンターやコピーではそれを帯電させて静電気で紙に写し熱で焼き付けて印刷するという方法がとられています。そしてリサイクルトナーとは、その名の通り一度使用されて空になった、もしくは部分的に故障して使えなくなったプリンターのトナーカートリッジを回収して分解し、きれいに洗浄して修理、壊れていたり汚い部品は交換して純正とおなじ量のトナーを充てんしてもう一度使用できるようにしたものです。プリンターやコピー機を作る各社が環境への影響を考えてエコに、環境にやさしくするために考え出されたもので、最近ではそのリサイクルトナーがたくさん普及して使用済みトナーの回収を積極的に受け入れている状態です。

リサイクルトナーのメリットとは

リサイクルトナーの一番の大きなメリットは純正のトナーに比べて比べ物にならないぐらいの安い価格が何と言っても印象的です。純正のトナーはどうしても高価になってしまい、経済的ではなく買うこともためらってしまうようなことも多いですが、それに比べリサイクルされたものは純正品の10分の1以下のものもあるぐらいに安価で経済的です。なぜ純正品がそこまで高いのかというと、メーカーがプリンターを安く作りその他のトナーやドラムなどの消耗品の利益を上げているのでどうしても高くなってしまうのです。リサイクルトナーは元の部品をつかって新しく使えるようにしているので資源の有効活用により部品にかかるコストが少なくていいのです。そのため、新しく研究や開発のためのコストもかからないので人件費も少なくて済むのです。

リサイクルトナーのデメリットについて

ここまで環境によかったり、経済的であったりといいことばかりのリサイクルトナーでしたがデメリットもあります。それは、もともと使用されていたもののカートリッジを分解、洗浄、修理、再構築をしているのでどうしても経年劣化してしまった部品の疲労破壊や歪みまでは排除できずに、初期不良として使うことのできないカートリッジが数%の割合でできてしまいます。仕方のないことですが、リサイクルをした商品全般にいえる課題なのでそれぞれが克服すべき問題であるといわれています。もうひとつあり、トナーの色は純正品とほとんど変わらない色合いをしているのですが、先ほど述べたようにどうしても経年変化や部品単位でのずれが少しの色合いの違いを作ってしまうことがあり、純正品と比べてどうしても越えられないものとなっています。